※ヘアカラーの核として染料に含まれるPPDA(パラフェニレンジアミン)等の事です。
このジアミンを使用することで、少量の色素で濃く色を出す事ができ、またいろいろな色調を簡単に作る事ができます。ジアミンが有害なのは分かっていても、今のヘアカラーからジアミンを抜く事は考えられない事でした。(当社比)

※有害性を持っているからです。
ジアミン自体がアレルギー反応を起こす原因になるだけではなく、酸化剤と混ぜた時にできる中間物質に有害性がある事が知られています。サロンスタッフはこれを毎日使っているのです。すでにフィンランドでは1991年にPPDAの一般向けが禁止され、今多くの国ではジアミンの中の一部使用禁止を伝えています。

カラーの新しい需要の取り込みと、お客様への強力なアピールです。現在のカラー構成での新規客の獲得や、新しい需要の掘り起こしはある程度限界にきています。今まで確保できなかったお客様の空白の需要を埋め、これからの減少要因に対し[積極的にアピール]しやすい商品です。

白髪をぼかす程度の明るい白髪染めとしてお使いいただけます。暗い色調の色はありません。一番暗い色(クリスタルブラウン・レベル7)でも白髪をぼかす程度です。(ただし褐色は非常に少ない)

ノンジアミンの限界です。重ね塗りしても暗くならないほどクリアで透明感があり、くすんだ色や青系統の色が出せないのです。

色素料が多いからです。褐色する過程はジアミン系もノンジアミンも同じです。ただしジアミン系に比べて色素料が多いため、毎日同じ量が褐色しても単純に長持ちするということです。

基本的には同じです。テクニックを変える必要は全くありません。今、サロンでヘアカラーとは別にヘアマニキュアを扱っているのと同時に、この「ノンジアミンカラー」を別枠として導入して頂き、新しいアピール・新しいメニュー作り「新しい需要の拡大」に大いにご利用ください。