ノンジアミンのどこがすごいの?

肌の弱い人、肌に不安のある人へのヘアカラーを楽しむ道が開けました。今まで肌の弱い人は、マニキュアかヘナでした対応できませんでした。しかも、どちらも明るい色には限界がありました。
(ただしヘナの場合はナチュラル、ゴールド、ニュートラルのみがノンジアミンと言われています。)

ノンジアミンなのになぜ染まるの?

ジアミンで染まる原理も、ノンジアミンで染まる原理も基本的には同じです。いままでは、ジアミンを使わないと意図どおりの色が表現できませんでした。そこで染料の組み合わせを変えることと、色素量を多くすることで、思ったとおりの色を表現することに成功し「ノンジアミンヘルバ」が誕生しました。

ノンジアミンカラーのメリットは?

肌の弱い人がもっとも希望する明るい色への対応が可能になったこと。ますます多くなるアレルギーへの考慮カラーで髪が細くなったり、ハリ・コシがなくなった方への「髪の元気」サポートカラーとして毎日使われるスタイリストさまへのアレルギー対策として

アレルギーの人はどれくらいいるの?

年々増加しています。予備軍も入れると日本人の半数以上が何らかのアレルギーと言われています。約3人に1人がアレルギー(厚生労働省「保険福祉動向」調査)年々急増しています。